長期休暇を迎える際の注意事項|MGK 宮山技術研究所

048-466-8680受付時間(平日)9:00〜17:00

長期休暇を迎える際の注意事項

長期休暇後のトラブル防止と安定稼働に備え以下の内容をご注意下さいますようお願い申し上げます。

1.各装置の一次電源の供給について
工場内の一次電源を切る場合は、注意が必要です。
一次電源を切ると各装置はバッテリーで原点や動作ポイントの記憶を保持します。
休暇中にバッテリーが切れるとそれらの情報を失ってしまう危険性があります。
原点消失防止の為、一次電源は落とさないで下さい。
一次電源を切る場合は万が一に備え、各設備が原点状態であること及び装置にて使用しているパソコンがシャットダウンされていることをご確認下さい。

2.各設備の部材取り除き及びセンサ周り等の清掃
各設備において、釘・風車・レール等の部材を供給するフィーダー・シュートレール
及びストッカー内の部材を取り除いて下さい。
その際、ゴミやほこり等による誤動作防止の為フィーダー(ボウル)の中やセンサ周り等をエアーガンや掃除機でゴミを取り除く、またはウエス等乾いた柔らかい布で拭いて下さい。

3.連暇明け設備に電源を入れる前の注意事項
各装置の動作領域内に障害物(テストワークや工具など)が無いことをご確認ください。
コンプレッサーが起動していること、各装置にエアーが供給されていることをご確認ください。
※コンプレッサーが起動されていない状態で装置を稼働させようとすると、エアー供給不足やシリンダー動作不良にて異常が発生する危険性があります。

スムーズな稼働、トラブル防止の観点から、ご協力よろしくお願いします。
ご不明な点がございましたら各担当までご連絡下さい。