先輩社員インタビュー1|MGK 宮山技術研究所

048-466-8680受付時間(平日)9:00〜17:00

先輩社員インタビュー1

若手もチャレンジできる自由な社風。
自分のペースで頑張りたい人に勧めたい。

システム制御部 武内雄人(理工学部出身 2009年入社)

先輩社員インタビュー1

MGKに入社した動機は?
小さいころから物を作ることが好きで、大学では機械設計の基礎から材料関係など勉強をしていました。機械設計ができる企業を探している中で当社を知り、もともとパチンコが好きだったこともあって、ここなら自分のしたい仕事ができそうだと思いました。

どんな仕事をしているの?
機械を動かすためのプログラム設計を担当しています。実際に物を動かすためのプログラムなので、機械がちゃんと自分がイメージした通りに動くがどうかを見るのが面白く、やりがいを感じる仕事です。また最近はパチンコ台製造ラインだけでなく、培ってきた発想や技術を応用して自動車業界に向けた産業機械、さらには半導体や画像検査といった分野の設備関連にまでフィールドが広がっています。

先輩社員インタビュー1

所属部署の魅力とは?
自分のペースで思ったようにプログラム設計ができることですね。仕様によってゴールは決まっていますが、動かし方はそれぞれのエンジニアによって異なり、そこにも面白さがあります。頭の中で考えた機械の動きをシーケンス制御で高精度に実現していくのですが、難しい要求であればあるほど装置が思いどおりに動いたときの達成感も大きいものです。

これからの目標は?
各種のシーケンス制御を経験していきたいですし、製作対象も設備だけでなく、画像処理やロボット、IoTなど可能性が広がっていますので、幅広く新しいものに挑戦していきたいと考えています。

あなたにとってMGKのイメージ・カラーは?
基本は無色で案件ごとにいろんな色に染まっていく感じです。以前はパチンコ業界というイメージが強かったのですが、最近は他業種の機械づくりにも積極的に取り組んでいますし、若手にもチャレンジさせてくれる自由な社風からもそう思います。

毎日の過ごし方は?
始業開始は8時45分。余裕をもって仕事にとりかかれるように、始業30分ぐらい前に出社し、メールチェックや1日のスケジュールを確認しています。社内ではプログラムを作成したり、工場で動作確認をすることもあります。時には残業もありますが、毎日というわけではありません。
設備関連の企業はお客様の工場が休みになるお盆休みや年始年末に忙しいことも多いようですが、当社では繁忙期はお客様のニーズによりますので、夏休みや正月休みもきちんととれることが多いですね。休みの日は子どもと遊ぶのと、市場調査としてパチンコに出かけています(笑)。

先輩社員インタビュー1

後輩へのメッセージ
企画から設計まで一人で任されるので、1~10まで自分でやってみたい、力をつけたいという人には最適な仕事だと思います。私の部署の場合は自身でスケジュール管理もできますので、自分のペースで仕事とプライベートの調整もできて、働きやすい職場だと思います。職場での”飲みにケーション”は活発ですが、体育会系ではなく無理に誘うことはありませんので安心してください(笑)
当社として理想的な人物像は、順応性がありながらも頑固さを持つ方ですね。しっかりとしたポリシーを持ちながらも、的確なアドバイスにはしっかりと聞く耳を持つ。そんな人にぜひ入社してきてほしいと思っています。