先輩社員インタビュー2|MGK 宮山技術研究所

048-466-8680受付時間(平日)9:00〜17:00

先輩社員インタビュー2

チームワークでモノづくりができる職場。
文系にも飛び込んできてほしい。

製造部 羽入田和也(政治経済学部出身、2007年入社)

先輩社員インタビュー2

MGKに入社した動機は?
大学は文系でしたが、子供のころからモノづくりや機械が好きでしたので、当社は自分に合っているのではないかと思って入社しました。特に文系出身だから特に苦労したとか、ハンディキャップを感じたことはあまりないですね。必要な知識やスキルは先輩に教わりながら会得してきました。働き始めたら文系も理系も関係ないように思います。

どんな仕事をしているの?
製造部で工場設備の設計や組み立て、設置などを行っています。主な仕事はパチンコ台を製造する機械、搬送する機械などの組み立て、プログラムにそって実際に稼働するように調整し、最後にお客様先に設置するという仕事です。設計上で仕様を満たす製品設計が完了しても、実際に組み立ててみると仕様通りの性能が出ないこともありますので、設計通りの性能が発揮できるよう組み立て調整していくのが私達の役割です。
システム制御や電気制御の担当者と検討を繰り返したり、設置やメンテナンスに関してお客様と直接やり取りしたりすることも多く、コミュニケーション力や調整力も必要です。そんな時には文系の特性が活かせているのかもしれません。

先輩社員インタビュー2

所属部署の魅力とは?
物を組み立てていくわけですから、元々なかったものが目に見えて形になっていくのが面白いですね。また機械設計やメンテナンスのメンバーとフォローし合うことが多く、チームプレイというイメージがあります。設備機械は一人では持ち上げられませんし(笑)。チームで力を合わせて対応する点が時に大変な場合もありますが、面白いところだと感じています。
各部署との連携は不可欠で、いろいろすり合わせるのに時間が掛かったり、面倒な課題も出てくることもありますが、1個1個の部品から機械という形になって、うまく動いた時は自分でも「やったね!」って思います。また最終的に製品を設置するのは私達なので、お客様に「ありがとう」と言われたときにも満足感を得ることができます。

これからの目標は?
これまではパチンコ業界の装置や設備が多かったのですが、最近は他業界の装置や設備、ロボットなど、製作物の目的や種類が広がっているので、積極的に勉強してチャレンジしていきたいですね。

あなたにとってMGKのイメージ・カラーは?
成長するイメージで、色としてはコーポレートカラーの青だと思います。得意先などで、当社の青色の作業着姿をみると「仲間だ」と心強く感じるんですよ。やはりチームワークは大切ですよね。

毎日の過ごし方は?
様々な部署との関わりがあるので、朝に事務処理やメール対応をしてから、機械の組み立てや調整、動作検証を行います。お客様から故障や不具合などの連絡があれば現地に出張することもあります。名古屋のお客様が多いので出張の7割ぐらいは名古屋で、あとは関東近辺ですね。残業はそれほど多くないと思います。休みの日はほとんど家族サービスで、あとはアクアリウムやガーデニングを楽しむぐらいです。わりと真面目です(笑)。

先輩社員インタビュー2

後輩へのメッセージ
製造部門では、まず機械とはどういうものかを知るために、先輩について機械の組み立てを学びます。製造技術はすぐに身につくものではありません。ある程度の期間、先輩につきながら下積み経験をすることも重要です。先輩のアドバイスを素直に聞きながら、諦めず頑張って続けてほしいですね。
ある程度の理系知識は必要になりますが、仕事をする中で学んでいけば文系でも問題はありません。やる気があり頑張る人にはどんどん挑戦させてくれる会社ですし、それを先輩や上司が応援しフォローしてくれる体制ができているので、安心して飛び込んできてもらえればと思います。
また機械製造というと油まみれのイメージがあるかと思いますが、当社で手がけるものはとても精度の高い機械ですから、工場内は清潔で空調も行き届いています。初めて入った人がびっくりするぐらいキレイなところで、快適な環境の中で業務ができます。